産後の孤独感に仕事のブランク…ハードな産後を乗り切る方法とは

「しっかり子どもを育てられるかな」「産後はなにかと大変って聞くし…」など、子育てにおける不安はキリがありませんよね。育児そのものの苦労だけでなく、仕事や家事との両立に自信がない方もいることでしょう。

そこで今回は、産後の悩み別の乗り越え方をご紹介します。これから出産を迎える方も、今まさに悩みと直面している方も、ぜひ参考にしてくださいね。

産後にやってくる孤独感

出産を終えて子どもとの生活がスタートすると、孤独感に襲われるケースも珍しくありません。とくに夫が仕事で忙しい場合、「子ども以外に関わる人がいない」「大人と話す機会がない」といった状況に陥ることも。

続きを読む

友達と会おうにも、子どもがいない、もしくは子どもが大きい友達ばかりで誘いにくい…。育児に関する話題しかなく、自分の世界の狭さに嫌気がさすこともあるでしょう。

そんなとき、頼りになるのがママ友たち。子どもの話題もしやすく、悩みや情報を共有できるありがたい存在です。児童館や幼児教室などで、自然とママ友ができることもあります。

「ママ友とトラブルになった」なんて話を聞くと、ついママ友という関係に抵抗を感じてしまいますよね。しかし、それは苦手な人とは距離をおけばいいだけのこと。「ママ友はトラブルのもとだ」と決めつけず、自分がちょうどいいと感じる付き合い方を意識してみましょう。

仕事のブランクに対する不安

共働き世帯が増えている現在では、職場復帰を控えているママも多く存在します。産休や育休を取得すると、「また仕事ができるだろうか」「周囲と同じように働けるだろうか」と不安に感じることもあるでしょう。

しかし、そんな不安を抱えたまま復職したママたちの多くは「意外とブランクは感じなかった」「最初は大変だったがすぐに慣れた」と言っています。仕事の感覚というものは、時間が経っていても体が覚えているものなのでしょう。

また、専業主婦だからといって「仕事をしていない」「社会との繋がりを得られない」というわけでもありません。家事だって立派な仕事のひとつですし、他のママや保育士さんとの繋がりもあります。幼稚園の保護者会に参加したり、小学校のPTAの仕事を任されたりすることもあるでしょう。

仕事の感覚をつかんで働く、家事や育児に専念する、保護者会などでの役割を果たす…。自分の状況や理想にあった選択をして、自分に自信をつけてくださいね。

一時預かりでリフレッシュを

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。