孫の顔は見せたいけど…帰省ブルーになる妻たちの本音

年末年始やお盆などの長期休暇には実家に帰省…という人も多いでしょう。普段よりも家事や育児の負担が減ってのんびり過ごせる~という人もいる一方で、義両親との仲は良好なはずなのに、なぜか気が進まない…という人も多いでしょう。
今回は、義実家への帰省で気分がブルーになったエピソードをご紹介したいと思います。

帰省中、夫の態度がイライラの原因となる3パターン

①やたら家事・育児参加をアピールしだす

「普段は私がいわないと何もやらない夫が、息子に『おむつ替えよう!』と呼びかけるなど、急にイクメンぶります。さらに義母も、集まった親戚に対してそれを自慢するようなことをいいます。義母のことは好きですが、私の子でもある孫を、自分の息子アピールの道具として使うのはやめてほしいです。そもそもなぜ、男性はおむつを交換したぐらいでそんなに称賛されるのでしょう?」(34歳/1歳男児の母)

続きを読む

「義実家で娘が掃除ごっこを始めたときのこと。すかさず夫が、『俺がいつも掃除しているのを見てるのかなぁ。この前せっかく俺がキレイに片付けたのに、すぐに散らかして』と、いかにも“いつも掃除してる”という顔で話しだしました。普段、家事をしてくれたときはどの都度お礼も伝えていますが、逆にたとえるならば、私が実家の父親の前で、『私も働いているからなんとか生活が成り立っているけど』って発言するようなものなんですけどね」
(32歳/5歳男児・1歳女児の母)

②独身時代と変わらない、配慮のない息子に逆戻りする

「夫からすると慣れ親しんだ実家でも、私からすると他人の家に寝泊まりにきたようなもの。義母は『いつも忙しいんだから、うちでも自分の家のようにゆっくりしてね。冷蔵庫から好きなもの食べて』といってくれましたが、さすがに初めは気遣いしてしまいますよね。
なのに夫は自分だけ昼間からビールでほろ酔い。せめて自分が飲み物を取りに行くついでに、『何か飲む?』と聞いてくれたら…と思います」(28歳/第1子妊娠中)

「お盆やお正月は、親戚の集まる義実家で、家事を頑張って手伝うようにしています。義姉も義弟も同じ考えのようで積極的に動いているのですが、うちの夫だけはお皿ひとつ下げることもしません。4歳の息子ですら食器を運んでいるのに…。義父が何もしない人で、それを真似ているようですが、義父は食費を全部出してくれています。夫のその態度、子どもの教育にも悪いです」(35歳/4歳男児の母)

③そもそも夫側の実家にばかり帰省する

「長期休暇の帰省は夫の実家ばかりで、私の実家へは、数時間寄るだけかせいぜい1泊。もう少し私の実家でもゆっくりしたいというと、『連休明けてからお義母さんにうちに泊まってもらったら? 俺の仕事中に親子水入らずできるんじゃない?』と。要は、気を遣うから面倒なんでしょうね」(26歳/2歳女児の母)

そのほか出るわ出るわ、帰省したくない理由

「今年40歳になる義両親と同居で独身の義姉が、甘やかされて育ってきたせいか、いまだにお姫様気質のトラブルメーカー。家事もせず収入も入れず、義両親にお金をせびることすらあるそう。夫と娘とで帰省すると、『どうせ食費を浮かせるつもりで来たんでしょ』と嫌味をいってきたり、3歳になる私の娘を目の敵にして、『もしかしたら私は子どもができない身体かもしれないのに、子連れで現れるのはデリカシーに欠けるから、もう帰ってこないで』と連絡してきたりしました」(妻Aのエピソード)


「なぜか大晦日に徹夜する習慣のおせち作りを手伝わされるんです。そしてそのまま初詣へ。毎年初詣の最中に倒れるんじゃないかと思う」(妻Bのエピソード)


「毎年義実家のご近所へ、新年の挨拶まわりに付き合わされる。お土産の手配も一苦労だし、姑の長い世間話が終わるまで待ってなきゃならないのがしんどい」(妻Cのエピソード)


「義実家は本家で、正月は親戚一同が集まって宴会をします。女性陣が給仕係。お正月の三が日が一年で一番疲れます」
などなど…どのエピソードからも妻の苦労がにじみ出ています。(妻Dのエピソード)

無理には帰省しないという選択もあり、するなら夫婦で気遣いあって

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。