自分では気が付きにくい夫の「人の思考と言動を抑制する」モラハラ…あなたは大丈夫?

モラハラを受けていても、すぐに「モラハラをされている」と自覚できないケースは珍しくありません。なぜなら、相手から毎日のように辛い言葉をいわれ続けていると、「夫の言うとおりだ」「仕事で疲れているんだ」と片付けてしまいやすくなるのです。

もし自分が納得していたとしても、モラハラをしてもいいというわけではありません。そこで今回は、モラハラの基準や事例をチェックしていきましょう。

これってモラハラ?

相手の人格や能力、容姿について否定した言葉を投げかけること。これはモラハラに当てはまります。たとえ本人が「相手の言うとおりだ」と受け止めていたとしても、心に傷を負っている時点で問題となるのです。

続きを読む

厄介なことに、モラハラは「人の思考と言動を抑制する」という特徴があります。自分を否定され続けると、「私はダメな人間だ」と自己嫌悪に陥ったり、自信を失ったり、精神的なダメージを受けることも。相手の言葉ひとつで、長い時間に渡ってダメージを受けてしまうのです。

したがって、「相手が疲れているから」「本当のことだから」という場合でもモラハラはモラハラ。どんな背景があったとしても、心への暴力には変わりないのです。

具体的な例を紹介

では、モラハラにはどのようなパターンがあるのでしょうか。実際にパワハラを受けた経験がある女性から、当時の様子をうかがいました。

・「子どもが2人いて働く時間が確保できず、パートでの収入は少ししかありません。その状況に不満を感じている夫から、何度も『お前の稼ぎはいくらなんだよ』とため息交じりで言われます。ちょっとでも家事に文句があると、『俺ほど稼いでないくせに手抜きかよ』『お前は俺より下だ』と罵ってくることもありますよ」

・「息子と出かけるだけなのに、毎回夫の許可を得なければなりません。出発前に『今からいってきます』と伝え、帰宅後は『無事に帰ったよ』と報告。たまたま連絡を忘れたときなんて、大騒動になりました。男友達から連絡がきただけで携帯番号を変更させられたり、帰宅時間が遅れると何度も着信がきたり…。行動が制限すぎていて辛いです」

言葉による暴力だけでなく、相手の自由を奪うパターンもあるようです。たとえ「お前が心配だから」というような理由を並べていたとしても、相手を精神的に追いやるほどの行動は問題視するべきでしょう。

離婚を考えるときの心の整理術

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。