子どもの様子がおかしい、保育士さんに違和感…ママたちが体験した保育園の闇

「毎日保育園にお世話になっている」「保育園のおかげで助かっている」という共働きの家庭も多いのではないでしょうか。安心して子どもを預けるためにも、保育園の信用性は大切なポイントですよね。

ところが、一部の保育園では「ありえない対応」をしているところもあるようです。実際に保育園を利用しているママたちから、その体験談をうかがいました。

ママたちが体験した保育園の闇

保育園のリアルな様子は、利用しているママたちが一番知っているはず。さっそく、保育園で信じられない対応をされたママたちのエピソードをご紹介しましょう。

続きを読む

・「年少になったとき、保育園から突然『オムツがはずれていないので、自治体に相談してください』と指示されました。なんだか発達が遅いと言われたみたいで、落ち込みながら自治体へ。しかし、返ってきた答えは『なにも異常なし』でした。

それなのに、『もう一度相談して』と言う保育士さん。結局すぐにオムツが外れましたが、『ただ面倒だっただけじゃないの?』と不信に感じています」

・「あまり評判がよくない保育園にしか入れず、仕方なく利用していました。すると、娘の夜泣きがだんだんと悪化。保育士である義姉にも『あの園はやめたほうがいい』と言われました。

どうやらその保育園では、一部の子を放置したり、子どもに罵声を浴びさせたりしているみたい。周囲のママも『先生が嫌で子どもが泣いてしまう』『子どもが描いた絵を見て、下手くそと言っていた』と不満を感じていましたよ」

親に問題があるケースも

耳を疑うような体験談でしたが、問題があるのは保育園側だけとも限らないようです。続いては、「こんな保護者がいた…」と驚いたママたちの声を聞いてみましょう。

・「『食事用のエプロンにゴミがついている』と文句を言っているママに出会ったことがあります。子どもの食べかすなんて、親が掃除すればいいのに…」

・「『子どもにトイトレをしてくれません?』と質問しているママがいました。それって保育園側が言うことじゃないの?」

・「『給食の時間にお箸を練習させておいて』と頼んだママを目撃。『私は教え方が分からないし、プロに任せればいいじゃない』と当たり前のように言っていて驚きました」

このような言動をしていると、周囲から「あの人はモンスターペアレントだ」と受け取られてしまうかもしれません。保育園やほかのママと良好な関係を続けるためにも、過度な要求は控えておく方が安心でしょう。

共働き世帯の増加傾向

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。