経済界の「終身雇用見直し」発言、それでも大企業のメリットは大きい

大企業に入社して、高い給料・福利厚生を手にしたいと考える人は多いと思います。その一方で、日本自動車工業会の豊田章男会長や経済同友会の桜田謙吾代表幹事などから「終身雇用の維持は難しい」といった発言があり話題となりました。

大企業に入社するメリット、デメリットについて見てみましょう。

大企業に入社して良かったこと

大企業のメリットとしては、一般的に以下のような点があるといえます。

  • 給与が高い
  • 福利厚生が充実している
  • 同期が多く、ネットワークが広がる
  • 優秀な上司や先輩に出会える確率が高い
  • 社員教育や研修制度が充実している
  • 留学・海外赴任のチャンスがある
  • 研修などが充実している
  • (金融機関において住宅ローンなどを借りる際に)信用力が高い

上記のようなメリットを享受している大企業の勤務者も多いのではないでしょうか。規模の大きい会社ほど「寄らば大樹の陰」という通り、中小企業勤務や独力では容易になし得ないことを享受できる可能性が高くなります。

続きを読む

頑張って入社したのに!実感したデメリット

難関を勝ち抜いて大企業に勤め始めたにもかかわらず、入社して数年で転職してしまう人も存在します。これは何故なのでしょうか。大企業で勤務するデメリットについて見てみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。