妊娠から出産までを専門家がサポート。自由度が高いニュージーランドの出産事情

「妊娠」がどのカップルにとっても一大ニュースなのは言うまでもありません。生まれる子どもの祖父母や親戚、友人などにとっても心躍る、おめでたいことです。それだけに、ともすれば妊婦を「腫れ物に触る」ように扱ってしまいがち。

しかし、筆者の住むニュージーランドではちょっと様子が違います。女性がおなかに赤ちゃんを宿し、育むことは自然なこと。女性に備わる本能を信じ、周りの人々は見守ります。

妊娠期間中は「自然に従って」という考え方

続きを読む

妊娠していることがわかった筆者に、出産はごく自然なことなのだと教えてくれたのは主治医でした。妊娠の確認をしてもらった際、妊娠初期にやっていいこと、やってはいけないことをいくつか具体的に尋ねました。車の運転をしていいか、ラップトップや書類が入って、そこそこ重い仕事用鞄を持ち歩いていいかなどです。

先生は、「過度なことはいけないけれど」と前置きはしたものの、これはだめ、これはよしという答え方はしませんでした。「自分でできそうと思ったことはやってみなさい。できないと感じたら、すぐにやめてね」とアドバイスをくれたのです。

この時、筆者は感じ取りました。妊娠期間中、自分の体と相談しながらいけばいいんだ、ということを。体の声に耳を傾けながら体調管理をするのは、妊娠しているしていないに関わりなく、私たちが普段から行っていることではないでしょうか。

新しい命を体に宿すことは「特別」なことともいえますが、別の見方をすれば「自然の営み」の1つにほかならないというわけです。先生のこの姿勢のおかげで、筆者は気負わず、自然体で出産することができました。

柔軟でオプションが豊富な妊娠・出産

ニュージーランドでは妊娠がわかるとまず、「リード・マタニティー・ケアラー(LMC)」を選びます。

LMCは端的に言うと、「妊婦の面倒を見る専門家」です。お医者さんでもいいですし、助産師さんでも構いません。LMCは出産時の立ち会いだけでなく、妊娠期間中から赤ちゃんの生後4~6週間目まで、母子双方の健康管理も担当します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

1998年よりニュージーランド在住。東京での編集者としての経験を生かし、仲間と各種メディアを扱う会社を創設、編集長を務める。
2002年に独立し、本格的に執筆活動を開始する。ニュージーランド航空やニュージーランド観光局の発行物やウェブサイトを手始めに、現在は国内はもとより他の英語圏の国々における環境、ビジネス、子育て/教育、文化、テクノロジーといった分野について、多岐にわたる媒体に寄稿。海外在住日本人ジャーナリスト集団「Global Press」所属。