8割が老後に不安…老後の貯蓄に対する不安を取り除くヒント

いまの貯蓄だけで定年後の生活を送れるのか、あといくら貯めておくべきなのか…。老後の備えに対する不安はなかなか尽きませんよね。そこで今回は、老後の貯蓄に対する不安を取り除くヒントをお伝えします!

約8割が老後に不安を抱える現代

2018年11月に金融広報中央委員会が発表した「家計の金融行動に関する世論調査 [二人以上世帯調査]」から、「老後の生活への心配がどのくらいあるか」という問いに対する回答をみてみましょう。

続きを読む

その結果、老後の生活について「非常に心配」が36.2%、「多少心配」が43.0%、合計で約8割の人が将来の生活に不安を感じていることが分かりました。また、「心配である」と答えた理由は主な以下の通りです。

「年金や保険が十分ではないから」(72.6%)
「十分な金融資産がないから」(69.0%)

そのほか、「現在の生活にゆとりがなく、老後に備えて準備(貯蓄など)していないから」「退職一時金が十分ではないから」という回答もありました。さまざまな理由から、多くの人が老後に不安を抱えている現状がうかがえます。

  • つみたてNISAでも買える、とことんコストにこだわったファンドeMAXIS Slim。ネットで人気の先進国株式ファンドもラインナップ [PR]

夫婦で老後資金を貯める第一歩

老後に備えて夫婦でお金を貯めたいけれど、なにから取り組めばいいのか分からない…。そんな方は、次のような方法を試してみましょう。

目標金額を決める

まずは「いくら貯めるか」の目標を決めておきましょう。具体的な金額が分かったら、定年まであと何年残っているかも視野に入れます。そうすることで、今後どのくらいのペースで貯めていくべきかをイメージできるでしょう。

毎月貯金と投資に充てられるお金を確認

目標金額が決まったら、毎月の収入から「貯金や投資に充てるべき金額」と「実際に充てられる金額」も考えていきましょう。夫婦それぞれがいくらまで出せるかについても、しっかり話し合っておくことが大切です。「貯金や投資に充てるべき金額」に届かない場合は、家計の見直しを行ないましょう。

夫婦の「お金会議」を設ける

月1回や毎週末など、都合のいいペースで夫婦の「お金会議」を開いてみましょう。老後に向けた貯蓄だけでなく、いまの収支状況の把握や買いたいものの相談をするのもおすすめ。あまり固くなりすぎず、楽しい雰囲気で話し合うのがポイントです。

老後に向けて何千万円貯めれば安心か

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。