「入社3年で辞める」でも就活で最初に狙うのは大企業がよいワケ

PR Image Factory/Shutterstock.com

それは同期の数が多いということです。そんなの当たり前だろうというツッコミは全力で受けるにしても、これは経験したことがない人には理解できないことでしょう。

大企業であれば同じ会社とは言え、様々な部署に配属されます。本社だけではなく、地方や海外にも同期が配属していきます。それが簡単に言えば自分だけの「ネットワーク」になります。

同期との飲み会などもありますが、様々な情報が入ってくることも少なくありません。自分の業務に直接関係なくとも、様々なアイデアは沸いてきます。

3年で辞めるにしても大企業にしておく

激戦の就職活動をかいくぐってあこがれの大企業に入社しても、実はそれほど定着しないというのが現実です。

仲の良かった同期が次々と辞めていくのを見て、「自分もこの会社にいてよいのか」と疑問に持つ経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。