家計の赤字が続いてる…どうすれば黒字生活に戻せる?

赤字の状態が続いていると、「いつになったら黒字生活に戻れるのだろう」と心配になってしまいますよね。とはいえ、一気に収入を増やすのは難しいもの。赤字の家計を改善するには、しっかりお金に向かい合うことが大切です。そこで今回は、赤字の家計を黒字に戻すヒントをお伝えしましょう!

みんなはどのくらい貯金している?

ほかの家庭がどのくらい貯金しているのか、気になる方も多いのではないでしょうか。総務省統計局による「家計調査」のデータから、「2人以上かつ勤労者世帯」が貯金にいくら充てているのかを計算することができます。

続きを読む

総務省は「(家計の)黒字=可処分所得-消費支出」「黒字率=黒字/可処分所得」と定義しており、2017年の2人以上かつ勤労者世帯の1カ月あたりの家計収支を以下のように公表しています。

・実収入:53万3820円(うち、勤め先収入が49万3834円)
・消費支出:31万3057円(食料、住居、高熱・水道、家具・家事用品、被服及び履物、保険医療、交通・通信、教育、教育娯楽などを含む)
・非常費支出:9万9405円(税金や社会保険料など原則として世帯の自由にならない支出)

この数字を踏まえ、黒字・黒字率を求めていきます。

可処分所得(手取り収入)=実収入-非消費支出(税金や社会保険料等)=43万4415万円
黒字=可処分所得-消費支出=12万1358万円
黒字率=黒字/可処分所得=12万1358万円÷43万4415円=約28%

この結果から、勤労世帯の黒字は「毎月手取り収入の約28%」であることが分かりました。この黒字の使い道は、以下の通りです。

預貯金純増:7万6400円
保険純増:2万600円
有価証券純購入:8000円
土地家屋借金純増:3万600円

ご覧のように、「2人以上かつ勤労世帯では、月に7万円以上の預貯金ができる」と判明しました。なお、預貯金に次いで多い項目は住宅ローンなどの返済である「土地家屋借金純減」という結果でした。

  • つみたてNISAでも買える、とことんコストにこだわったファンドeMAXIS Slim。ネットで人気の先進国株式ファンドもラインナップ [PR]

赤字の家計を改善するコツ

現時点で家計が赤字の方にとって、「月に7万円以上の預貯金」はかなりハードルが高いと感じるのではないでしょうか。赤字の状態から抜け出すためには、まず「目標の貯金額を決める」ことから始めましょう。

最初に1年間で貯める金額を設定し、毎月あたりにするといくらになるかを計算します。ボーナスから貯金に充てる金額もあわせて決めておきましょう。

そして、給料やボーナスが支払われた日に、貯金する金額を別の口座に移しておきます。こうすることで、「貯金に充てるお金を残しておかないと」と意識せずに生活することができますよ。

赤字から黒字に変えるヒント

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。