離婚動機1位は?夫と妻、それぞれの離婚理由トップ5

さまざまなメディアによく登場する「離婚」というワード。芸能界だけでなく、身近な所でも離婚に踏み切ったカップルは数多く存在します。

かつては永遠の愛を誓い合った二人が離婚に至る原因は、どこにあるのでしょうか。離婚が起こりやすいタイミングもあわせて確認しておきましょう。

離婚動機1位は「性格の不一致」

まずは現時点で最新の司法統計(平成29年度 婚姻関係事件数)から、離婚の原因をみていきましょう。夫からの申し立てによる離婚の理由は以下の通りです。

【夫からの申し立て】
1位:性格が合わない
2位:精神的に虐待する
3位:その他
4位:異性関係
5位:家族親族と折り合いが悪い

続きを読む

2位の「精神的な虐待」とは、どのような行為があてはまるのでしょうか。内閣府男女共同参画局HP「ドメスティック・バイオレンス(DV)とは)」から一部抜粋した精神的な虐待の例はご覧の通りです。

・大声でどなる
・実家や友人とつきあうのを制限したり、電話や手紙を細かくチェックしたりする
・何を言っても無視して口をきかない
・人の前でバカにしたり、命令するような口調でものを言ったりする
・大切にしているものをこわしたり、捨てたりする
・子どもに危害を加えるといっておどす

続いて、妻からの申し立ての離婚理由をみてみましょう。

【妻からの申し立て】
1位:性格が合わない
2位:生活費を渡さない
3位:精神的に虐待する
4位:暴力をふるう
5位:異性関係

夫・妻ともに「性格が合わない」が1位という結果になりました。一緒に過ごしていると、育児やお金関係にまつわる問題に直面することが多々あります。その際に「お互いの考え方が違う」と感じるうちに、離婚に至るケースが多いのでしょう。

離婚が起きやすいのは結婚してから何年後?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。