貯蓄ゼロ世帯の割合は?貯まらない人に共通する特徴

お金がない状況が続くと、ついため息をついてしまいますよね。「他の人はもっと貯蓄があるのでは」と不安になってしまうこともあるでしょう。そこで今回は、貯蓄ゼロ世帯がどのくらいいるのか、そしてその状態からどうやったら抜け出せるのかをご紹介します!

貯蓄ゼロ世帯の割合は?

貯蓄がまったくない世帯は、一体どのくらい存在するのでしょうか。2017年11月に発表された金融広報中央委員会(事務局 日本銀行情報サービス局内)による「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](2017年)をみてみましょう。

続きを読む

「金融資産の有無」の調査において「銀行等の預金口座、または証券会社等の口座に残高がない」と回答した世帯は、14.1%という結果でした。この数字には「口座は保有しているが、現在、残高はない」と回答した世帯および「口座を保有していない」と回答した世帯の合計が含まれています。こうみると、貯蓄ゼロ世帯は意外といるのだと感じるのではないでしょうか。

  • つみたてNISAでも買える、とことんコストにこだわったファンドeMAXIS Slim。ネットで人気の先進国株式ファンドもラインナップ [PR]

貯まらない人に共通する特徴は

常にお金がない状況に陥ってしまうのは、生活のどこかに貯まらない原因があります。そこで、お金が貯まらない人によく見られる特徴をみてみましょう。

お金に無頓着

お金を大切にする人ほど、お金が貯まりやすい傾向にあります。反対にお金に対する興味が薄い人は、お金に無頓着でつい使いすぎてしまうのです。自分のお金を見つめ直し、大切にするよう常に心がけておきましょう。

自己管理が苦手

自分を律することができないと、不要なものを購入したり、なにかに依存しすぎたりする可能性があります。それにより、出費がどんどんかさんでしまうことも考えられるでしょう。

マネープランを立てない

お金をしっかり貯めていくには、「毎月どのくらい貯めていくべきか」「将来はどんなことにお金が必要か」といった計画が重要です。そのマネープランを立てていない人は、お金を貯めずに使ってしまうケースが多く見られます。

無駄遣いチェックリストで改善!

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。