長期間の授乳は恥ずかしい?家族や仕事のスタイルが多様化した現代

昔に比べると、現代はずいぶん家族や仕事のスタイルが変化しました。最近では、仕事を続けながら育児をする人も珍しくありません。このことからも、「仕事も育児もしっかり行ないたい」と考えている人の多さがうかがえます。

育児も大事だけど、子育てにおける金銭面も気になるところ。そこで今回は、育児にまつわるお金や、子育てに対する考えに迫ってみました。

子どものために絶対削りたくないお金は?

まずは、母親たちのお金に対する感覚をみてみましょう。人気育児アプリを手掛ける「ママリ」は、2018年5~6月に3歳未満の子どもがいる女性2,982人に「なるべく削りたくない支出」を調査しました。その結果は以下の通りです。

続きを読む

1位・・・ベビー・子ども用品代(70.8%)
2位・・・教育費(28.5%)
3位・・・医療費(27.6%)
4位・・・食費(25.1%)
5位・・・外食・レジャー費(22.1%)

「教育費」を抑えて1位になったのは、「ベビー・子ども用品代」でした。この項目には、子ども服や育児グッズ、ベビーカーやチャイルドシートなどが含まれます。

末子が3歳未満の女性を対象にしているにも関わらず、本格的に必要なのはまだ先となる「教育費」も2位に登場しています。早い時期から教育に対する高い関心をもっていることが分かりますね。

  • つみたてNISAでも買える、とことんコストにこだわったファンドeMAXIS Slim。ネットで人気の先進国株式ファンドもラインナップ [PR]

私立と公立の教育費の差は?

先ほどの調査結果でも、関心の高さが感じられた「教育費」。具体的には、どのくらいの費用が必要なのでしょうか。文部科学省の「平成28年度子供の学習調査」から確認してみましょう。

この調査では、「学習費総額」としています。保護者が1年間に支出した子ども一人当たりの経費を以下の3つに分けて調査しており、その合計を「学習費総額」としています。

学校教育費:授業料やクラブ活動などで必要な教科外活動費、通学費を含む
学校給食費:給食の実施形態に関わらず、給食費として徴収した経費
学校外活動費:学習塾や家庭教師費用、また習い事に必要な費用を含む

幼稚園3歳から高等学校第3学年までの15年間の総費用(各学年の「学習費総額」の単純合計)は、以下の通りです。

全て公立…540万円
幼稚園のみ私立…616万円
高等学校のみ私立…716万円
幼稚園と高等学校が私立……792万円
幼稚園と中学校・高等学校が私立………1,047万円
すべて私立………1,770万円

最も安い「すべて公立」の場合は540万円、反対に最も高い「すべて私立」の場合は1,770万円という結果に。その差は約3.3倍にもなります。

8年間授乳したママのエピソードも

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。