「自分はお金持ち!」って貯蓄がいくらから?お金持ちの定義とは

お金持ちとは、どれくらい貯蓄を持っている人のことを言うのでしょうか?お金持ちという言葉は曖昧なため、人によってイメージが異なります。どれくらいお金を持っていれば「自分はお金持ちだ!」と思ってもよいのでしょうか。貯蓄額の目標額をはっきりさせて、お金持ちを目指してみましょう。

お金持ちの定義とは?貯蓄額はいくらあればいいの

お金持ちとはどれくらいの貯蓄を持っている方なのでしょうか?

2016年11月、野村総合研究所が発表した推計によれば、富裕層と呼ばれるのは世帯の純金融資産保有額が1億円以上、さらに超富裕層と呼ばれるのは純金融資産保有額が5億円以上の人たちです。日本には超富裕層が7.3万世帯、富裕層は114.4万世帯あり、合計で約122万世帯になるのです。割合では、超富裕層は日本の世帯全体の0.1%、富裕層は全体の2.2%で、合わせて2.3%となります。本物の「お金持ち」は、2.3%にしか満たない狭き門といえます。

続きを読む

ただし、こちらの調査では預貯金、株式、債券などの金融資産のみを対象としており、不動産は含まれていません。そのため資産の多くが不動産を占める方は対象外となっており、不動産を含めた場合の富裕層はもう少し多いことが予想されます。

純金融資産保有額が1億円以上はさすがに無理だ、と感じた方は、大多数であるマス層の一つ上、アッパーマス層を目指すのはいかがでしょうか。アッパーマス層とは、世帯の純金融資産保有額が3,000万円以上5,000万円未満の層のことです。つまり貯蓄額が3,000万円を超えることができれば「自分は普通よりも少しお金を持っている」と思ってもよいといえます。

お金持ちになるにはどうしたらいい?今すぐ変えられる生活習慣

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。