最終赤字予想の吉野家HD、「値上げしない」は限界か

さて、年度ごとに見ていくと、平成12年度(2000年度)に703円となって以降、平成21年度(2009年度)の791円まで700円台を維持していました。

ところが、平成22年度(2010年度)に821円と800円台に突入し、平成27年度(2015年度)には907円、さらに平成29年度には958円へと上昇しています。

最低賃金は10年間で、約30%増加しています。ざっくりといえば、企業が支払うアルバイト代は、10年前に比べて3割上昇しているともいえるのです。

値上げがしにくいメニュー構成

企業努力で追いつかないコスト増は、価格に転嫁するのが健全な経営判断といえます。しかし、現実はそうたやすくはありません。

吉野家は2014年の消費税増税もありに、牛丼並盛を280円から300円へ値上げし、その年の12月には300円から380円へとさらなる値上げを断行しました。その結果、客数の大幅な減少を招きました。

「人件費が上昇しているので、値上げは当然だろう」という声もあろうかと思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て独立。株式市場や為替市場分析を得意とするが、為替市場の相対的な値動きに魅了され、現在は主にFXトレードを手掛けている。投資会社での勤務時に培った分析力とレポーティング力を活かし、ライター業にも携わり複数媒体にも寄稿中。金融や企業分析を始めビジネス系のライティングを得意とするが、登山や食べ歩きが趣味でグルメ記事等の柔らか系の記事も執筆している。