最終赤字予想の吉野家HD、「値上げしない」は限界か

吉野家HDに限らず、直営店主体の上場外食チェーンの多くは増収基調にあります。「すき家」や「なか卯」などを展開するゼンショーホールディングスや「松屋」で有名な松屋フーズホールディングスなども、足元の「売上高」は好調です。

一方で、牛丼・牛めしチェーン店には限りませんが、事業運営にパートやアルバイトなどの人手を多く必要とする企業であれば、人件費の高騰により、販売管理費は圧迫されます。

人件費関連には採用や教育などの費用も含まれますが、その増加には時給額の上昇が大きく影響を与えています。実際の時給がどの程度で推移しているのか、東京都の最低賃金(時給)の推移を見てみましょう。

東京都の最低賃金は10年前の約30%増に

下記が、東京都の最低賃金(時給)の1998年(平成10年度)以降5年毎の推移と2018年度(平成30年度)賃金水準です。

  • 平成10年度(1998年度):692円
  • 平成15年度(2003年度):708円
  • 平成20年度(2008年度):766円
  • 平成25年度(2013年度):869円
  • 平成29年度(2017年度):958円
  • 平成30年度(2018年度):985円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て独立。株式市場や為替市場分析を得意とするが、為替市場の相対的な値動きに魅了され、現在は主にFXトレードを手掛けている。投資会社での勤務時に培った分析力とレポーティング力を活かし、ライター業にも携わり複数媒体にも寄稿中。金融や企業分析を始めビジネス系のライティングを得意とするが、登山や食べ歩きが趣味でグルメ記事等の柔らか系の記事も執筆している。