最終赤字予想の吉野家HD、「値上げしない」は限界か

2019年に120周年を迎えた牛丼チェーンの「吉野家」。同チェーンを展開している吉野家ホールディングス(吉野家HD)は、業績面で厳しい状況に置かれています。安くておいしい、温かい食事がいただけると定評のある吉野家ですが、今後において値上げはあるのでしょうか。業績資料などを基に見ていきます。

売上高好調でも収益が苦しいワケとは

2019年1月10日に発表された2018年Q3累計(3-8月期)決算に公表された2019年2月期通期の業績予想は、(親会社株主に帰属する)当期純損益11億円の赤字が見込まれています。

続きを読む

年間売上高2000億円を誇る外食チェーンが赤字というだけでも驚きですが、吉野家HDは増収にもかかわらず赤字を余儀なくされています。

主な原因として、原価率の上昇や人件費の高騰が挙げられます。吉野家HDだけではなく、他の国内外食チェーンにおいても大きな課題となっています。

今後吉野家HDは、もはや構造問題といってもよい人件費高騰を乗り越えて、復活を果たす事ができるのでしょうか。

  • つみたてNISAでも買える、とことんコストにこだわったファンドeMAXIS Slim。ネットで人気の先進国株式ファンドもラインナップ [PR]

売上高も増えるが、販管費もまた増える

吉野家HDの2018年3-11月期の売上高は、1500億円と前年同期比+2%増となりました。しかし営業損失は5億6200万円、純損益は15億5800万円の赤字です。店舗撤退などによる減損損失の発生や、人件費の高騰が響きました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て独立。株式市場や為替市場分析を得意とするが、為替市場の相対的な値動きに魅了され、現在は主にFXトレードを手掛けている。投資会社での勤務時に培った分析力とレポーティング力を活かし、ライター業にも携わり複数媒体にも寄稿中。金融や企業分析を始めビジネス系のライティングを得意とするが、登山や食べ歩きが趣味でグルメ記事等の柔らか系の記事も執筆している。